So-net無料ブログ作成

脳梗塞の治療法とは?自覚症状は?血栓症と梗塞症の違いって? [病気]

スポンサードリンク






脳梗塞の治療法とは?


急性の脳梗塞の治療は、基本的に内科的な薬
投与によって行います。

薬による治療は、神経症状による日常生活への影響を少なくする目的で
行われます。



主に

■血のかたまりを溶かす薬
■血のかたまりができるのを防ぐ薬
■脳の腫れを抑える薬
■脳を保護する薬

などが使われています。


また、発症後の時間によって治療法を選択します。



発生から4、5時間では主に「血のかたまりを溶かす薬」

発症後24時間以内では「脳を保護する薬」

それ以降は「脳の腫れを抑える薬」を用います。







血栓症と梗塞症の違いについて

血栓症と梗塞症の違いは、脳の血の止まる原因です。



大きく二つに分けられ、

脳の動脈が動脈硬化により狭くなりそこへ血栓が徐々にたまって
詰まることを血栓症

脳内または体内でできた血栓の塊が脳内に流れ着き血管を
ふさいでしまうことを梗塞症

と言います。




脳梗塞の自覚症状について


脳梗塞の初期症状には以下のものがあります。

・片方の足や手に力が入らない
・立ちくらみやめまいが起きる
・顔の半分の感覚がなくなり顔が歪む
・ろれつがまわらなくなる

などがあります。


これらの症状が出た場合一時的に症状が止まったとしても、
脳梗塞になる危険性が大いにあるので、早急に専門の病院で
受信することをおすすめいたします。











スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。